フリーランスに向いている人の特徴

フリーランスで仕事をするメリットは様々あります。一番のメリットは会社のルールに左右されない生き方をすることができることです。会社組織に取り込まれることで生活に融通が利かなくなることがたくさんある中、フリーターなら自分で働く時間を比較的自由に決めることができます。会社員として会社に長く貢献を続けることで、会社に対して必要以上に責任を感じてしまうことがあります。これが長いサービス残業をしてしまうことの原因となります。本来なら人は自由にあるべき、しかしその中では自由になるだけの生活を保障するお金が必要です。必要なだけ稼ぎ、後は自由な時間にあてることを確立すること、これは働く上で、そして生きる上での理想の考えだと言えます。これを可能にするなら社員としてやっていくよりもフリーターとして稼ぐ方が良いと思います。余計なしがらみや義理立てからの人生の消費が減るスマートな生き方が出来ると思います。集団心理にとらわれての生き方が楽な方、依存される方もいますが、そうでもなければフリーターは精神を毒されることを回避できるクリーンな生き方とも思えます。 フリーターには良い点は確かにたくさんあります。しかし、多くの人と違う生き方というのはそれなりにデメリットもあります。 大手の組織に社員として身を置くことのメリットは、安定した給料と充実した社会保障を得られる点にあります。これが最大の強みです。この点で言うと、フリーターにはこれらが必ずしも約束されません。お金周りのことは、大組織のような管理が難しいです。自分の力のみを頼りにお金を稼がなくてはいけません。会社員ならさぼっていても月終わりには働いたものとみなされてお金がもらえるパターンもありますが、フリーターはさぼったらさぼった分だけの実入りの遅れが発生します。その間にお金が発生することはないです。組織便りにお金を供給することは出来ないので本当に自分で力をつけることが重要となります。しかしその分社会人的に、人間的に鍛えられることも確かです。 介護職経験者ならさらに人間性が鍛えられます。よくあるフリーターの悩みが、フリーターゆえにローンがくめない、クレジットカードの審査が通りにくい、賃貸契約をしづらいということです。これらは全て金銭面での信用が求められる契約です。やはり組織に属していないとなると金銭面を心配され、契約相手から疑いの目で見られることがあります。向こうも人間なので疑うことは仕方無いですが、これはつらいことでもあります。 このように良い点悪い点存在するので、それぞれの人間性によって向き不向きが分かれる生き方だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です