あなたはどんな生き方がしたいの?フリータのメリット

学校を卒業した時に、就職するか進学するか、フリーターになるか様々な選択肢があります。実際就職試験に落ちてしまいフリーターになった人も沢山いると思います。バブルの時代と違い氷河期などの時期と重なってしまった場合はフリーターが増えるのも事実です。フリーターのメリットは、責任感が正社員の方と全然違うので精神的にとても気楽です。フリーターをしてみればわかる事だと思いますが、正社員の人はノルマがあったりスキルアップをするために会社からの課題がたくさん与えられます。その点、フリーターならば、上司に命令されたことをすればいいので仕事に置いての精神的ストレスが全然違います。突然海外に出張する事もなければ、転勤で地方に飛ばされる事もないので、自分の好きなように生活ができる確率がとても高いです。フリーターをしながら、夢を追いかける事も出来ますし、時間に余裕があります。仕事も正社員に比べると辞める時も比較的簡単に辞めることができる上に、フリーターの仕事なら、正社員の仕事とは違い転職もしやすいので、自分がやってみたい仕事にも比較的採用される確率が高くなります。フリーターのメリットと言えば、やはり、自由に好きな事をする時間が多く、精神面が気楽という事だと思います。しかし、フリーターならではのデメリットも沢山あります。まず一番に思いつくのが、給料の低さです。正社員は月給制、ボーナス、退職金がありますが、フリーターは時給制です。1カ月で換算しても給料の差にとても大きく差が出てしまいます。待遇の差が全然違うので、不満を持つ人も沢山いると思いますが、フリーターなら仕方が無い事です。その次に、フリーターなら、厚生年金に加入していない人がとても多く、国民年金のみになってしまう確率がとても高いです。若い頃は気にしていなくても、厚生年金と国民年金では将来の年金額にとても大きな差が出てくるので、老後の事を考えるととても不利になってしまいます。国民年金だけでは、老後、生活するのは無理なので、老後は年金の他に何か収入を確保する事が出来ない限りとても大変な事になります。又、結婚にも大きく影響してしまいます。結婚相手がフリーターでは生活するのは難しく、結婚をする時にも大きな壁となってしまうと思います。住宅を購入する時、クレジットカードを作る時などにフリーターではとても不利な事が多いです。気楽な人生を歩めるフリーターですが、将来の事を考えると、とてもお金に困る事が多いのがフリーターのデメリットです。人生長いので、自分の将来の生活を考えた上で、フリーター生活を続けるにあたってよく考えた方がいいと思います。
ご意見箱
× 今後表示しない

フリーターは怠け者ではない

フリーターが就職しないメリットは、精神的な面。縛りのない自由な時間に、また自分が気が向いた時に、やりたいことが出来る!点が、この上ないメリットです。これは、誰もが歳をとると経験する老後生活に似た部分がありますが、社会的に現役であるフリーターの場合は、就職しないことに対して向き不向きがあります。フリーター向きとは、自分に対して厳しい人。フリーターにとって会社に勤めることは、嫌な前に向かないタイプなのです。また、他人から何だかんだと言われるのを過剰に嫌がる反面、自分がこだわりを持つ分野では、先人を人一倍に尊敬する素直さがあるのがフリーター気質です。フリーターが就職しない前提は、会社勤めをしている一般の人以上に自分に対してコントロールすることが優れていることでしょう。何か一つ、自分にしかできない分野があれば、なお自信につながります。例えば、自由な発想を生かせる作家やこだわりを持つ職人業などで、「これだ!」というものに出会えるかが、就職しないフリーターにとってのメリットの始まりです。フリーターが就職しないデメリットは、金銭的な面と、世の目線。生きているだけでお金がかかる人生です。”衣食住”のなかで、寝床が必要なために家賃がかかり、家賃以外にガス・水道・電気などの公共料金が発生します。ほか1日3度の栄養摂取のための食費がかかり、余計な医療費を避けるためにもバランスの良い食事が必要不可欠です。もう一つのデメリットは、世の中の目線が冷ややかなこと。現役の年代が平日の日中に私服でスーパーに行ったり、街をブラブラ歩いていると他人の視線が気になります。都心だとフリーター風であっても仕事の休日と黙認されますが、やっかいなのが地元の買い物やご近所さんと会う時です。もちろん、成功している就職しないフリーターであれば、「他人に言われる覚えはない!」と突っぱねるところでしょうが・・・状況変化が激しいのもフリーターの特徴ではないでしょうか。フリーターが就職しないメリットである精神的な面が、デメリットになるようなら、フリーターに向いていない証拠となります。特に日本の社会制度は、会社勤めの人が有利となる制度のため、向き不向き以前に、極端な判断をする必要性が生じるでしょう。先に社会に属するか、後で社会に貢献するか、フリーターが就職しないがための揺らぐ立ち位置がここにあります。フリーターは本来、なまけ者ではなく、こだわりを持つ者だと考えます。

フリーターの3つのメリット・デメリット

フリーターが就職しないメリットは下記の通りです。・自由度がある事・資格や免許の取得に時間を割ける事・人間関係での悩みが少ない事この3点の内、1点目の自由度がある事が特に大きなメリットとなります。何故なら、自由度がある事で2点目に挙げておりますように資格や免許取得の為の勉強に時間を充てる事が出来たり、PCにて他の業務にいつでも取りかかる事が出来たりする為です。また、3点目に関しましてはフリーターは派遣やアルバイトで仕事をこなす事が多く人間関係についての悩みが少ない事もメリットの1つであります。会社に正社員として所属しますと、例えば年末の忘年会。職場に苦手な人間が居たとしましょう。忘年会ではその苦手な人間と飲みの席で相席になる事は必至でしょう。それにより、ストレスが生まれる事もあります。フリーターであればアルバイトや派遣の身分である以上、正社員のように密な関係を築く必要はありませんので人間関係においてのストレスはありません。逆にデメリットを3点ほど挙げますと、メリットの裏返しとなりますが下記の通りです。・自分に甘くなりやすい・お金の消費が激しくなる・良い人間関係を築く事が出来ない3点ほど挙げましたが、1つ目は自由度がある事で自分でスケジュール管理をしなければならず、自制心が無い人は特に怠けやすくなります。自制心がある人であればしっかりと管理できますが、そうでない人は『明日から頑張ろう』というようにその日出来そうな作業を明日に回したりする事が多くなります。対策としましては、その日やるべき事を紙に書き起こし、自分のパソコンの画面端に貼り付ける事が有効かと思います。2点目は、有効な資格や免許であれば活かす事も可能ですがそれらの取得も無料では出来ません。当然お金が発生します。フリーターという身分が故、収入面では安定していませんので取得しようとするとお金の関係で厳しくなります。対策としましては、自分が出来る範囲でより報酬の高い仕事を請け負う事が良い方法だと思います。3点目は、これもフリーターという身分が故他人と交流する機会が少ないでしょう。アルバイトや派遣であれば正社員と比較すると、そこまで責任の重くない仕事を任される事が殆どですが、逆に言いますといつでも切ったり出来る関係性です。そこまで密な関係を築く事が出来ない為に、人脈を広げる事が出来ません。対策としましては一つ一つの仕事で、先方に少しでも気に入られるように一歩先の事を考えて行動するべきだと思います。以上がフリーターのメリット、デメリットです。フリーターに言える事は自由度がある事、これをどう捉えるかでその後の自分の行く末が見えてくる事でしょう。

フリータは仕事を辞めるのが簡単!

メリット・休みがとりやすいフリーターはシフトの希望を出して働くことが多いと思います。シフトの予定を事前に入れなければその日は休みです。またシフトに入ってしまったとして代わりのバイトを見つければ簡単にお休みすることができます。正社員の場合、有給休暇以上の休みは欠勤になってしまいますし、気安く休むことができないこともありますが、フリーターであればそのようなことはありません。・研鑽する必要がない正社員であれば自分の担当する業務について精通し、会社に利益をもたらす必要があります。そのため常に勉強することが求められます。しかしフリーターであればそのようなことは全く期待されていないので、与えられた仕事をきちんとこなしていればOKです。・辞めやすいフリーターであれば正社員より仕事を辞めることは簡単です。雇う側はフリーターを長い間雇うことを考えておらず契約期間もある程度決まっています。契約更新の際、辞める事を伝えればそれでおしまいですし、突然辞める、といっても正社員程辞めにくいことはありません。・広く浅い経験を積むことができる正社員であれば副業を禁止されている場合が多いと思いますが、フリーターであればどれだけ仕事を掛け持ちしても自由です。また色々な仕事を転々とすることもできるので、全くジャンルの異なる仕事をたくさん経験することもできます。そこで身に着けた経験は役に立つこともあることでしょう。デメリット・休めば休んだ分収入が減るメリットでも挙げたように、フリーターは正社員より休みやすい環境です。しかし、時給○○円という契約で働いている以上、休めば休んだ分だけ収入が減ります。正社員であれば有給の範囲内であれば休んでも給料は減りませんし、年末年始、GW、お盆など決められた休みがありますが、フリーターの場合そのような休みはなく、正社員と同じように休めばすべて収入に直結します。・社会的信用がない最近色々な働き方が認められてきているものの、フリーターの社会的信頼は相変わらず低いものです。ローンやクレジットカードの審査には非常に通りにくいと思いますし、住宅や高級車をローンで購入することはほぼ不可能でしょう。またフリーターというのは何かと風当たりが強いこともおおいでしょう。・安定しない企業が不景気になれば真っ先に雇用がなくなるのがフリーターです。クビにならなかったとしても働く時間を減らされたりして予定する収入が得られなく可能性も大です。また正社員であれば勤続年数に応じて昇給や昇進があり収入が上がっていくことも期待できますが、フリーターには期待できないでしょう。・ボーナスがない正社員であればボーナスがある企業がたくさんありますが、フリーターには基本ボーナスはありません。・どんどん正社員として就職しにくくなる学校を卒業して少しの間だけフリーターとして働いていた、というケースはそれほどではありませんが、フリーターの時期が長くなればなるほどその後の就職に不利になります。フリーターの期間が長ければ長いほど企業は不信感を抱くことでしょう。また若いうちは就職先もたくさんありますが、歳をとればとるほど雇ってくれる企業は少なくなっていきます。

フリーランスに向いている人の特徴

フリーランスで仕事をするメリットは様々あります。一番のメリットは会社のルールに左右されない生き方をすることができることです。会社組織に取り込まれることで生活に融通が利かなくなることがたくさんある中、フリーターなら自分で働く時間を比較的自由に決めることができます。会社員として会社に長く貢献を続けることで、会社に対して必要以上に責任を感じてしまうことがあります。これが長いサービス残業をしてしまうことの原因となります。本来なら人は自由にあるべき、しかしその中では自由になるだけの生活を保障するお金が必要です。必要なだけ稼ぎ、後は自由な時間にあてることを確立すること、これは働く上で、そして生きる上での理想の考えだと言えます。これを可能にするなら社員としてやっていくよりもフリーターとして稼ぐ方が良いと思います。余計なしがらみや義理立てからの人生の消費が減るスマートな生き方が出来ると思います。集団心理にとらわれての生き方が楽な方、依存される方もいますが、そうでもなければフリーターは精神を毒されることを回避できるクリーンな生き方とも思えます。 フリーターには良い点は確かにたくさんあります。しかし、多くの人と違う生き方というのはそれなりにデメリットもあります。 大手の組織に社員として身を置くことのメリットは、安定した給料と充実した社会保障を得られる点にあります。これが最大の強みです。この点で言うと、フリーターにはこれらが必ずしも約束されません。お金周りのことは、大組織のような管理が難しいです。自分の力のみを頼りにお金を稼がなくてはいけません。会社員ならさぼっていても月終わりには働いたものとみなされてお金がもらえるパターンもありますが、フリーターはさぼったらさぼった分だけの実入りの遅れが発生します。その間にお金が発生することはないです。組織便りにお金を供給することは出来ないので本当に自分で力をつけることが重要となります。しかしその分社会人的に、人間的に鍛えられることも確かです。 介護職経験者ならさらに人間性が鍛えられます。よくあるフリーターの悩みが、フリーターゆえにローンがくめない、クレジットカードの審査が通りにくい、賃貸契約をしづらいということです。これらは全て金銭面での信用が求められる契約です。やはり組織に属していないとなると金銭面を心配され、契約相手から疑いの目で見られることがあります。向こうも人間なので疑うことは仕方無いですが、これはつらいことでもあります。 このように良い点悪い点存在するので、それぞれの人間性によって向き不向きが分かれる生き方だと思います。